当プロジェクトでは、外国人を受入れている事業所を監査し、受入れに必要な職場の環境が整備されていると認められる事業所を「職場の外国人受入れ環境優良企業」として認定します。認定のステップは次の通りです。  

1.優良企業認定の手順

2.初級監査人研修について

初級監査人は、職場に外国人を受け入れる上で必要となる基礎知識を身につけ、職場をチェックする「セルフチェックシート」の記入を行うことができます。初級監査人になるためには、下記の研修を修了する必要があります。研修はすべてオンラインで受講可能です。

初級監査人研修を修了し、会員登録を済ませると「初級監査人」に認定されます。

3.上級監査人研修

上級監査人は、セルフチェックシートを提出した事業所を訪問し、認定に必要な監査レポートを作成します。上級監査人研修の受講は、初級監査人研修を修了し、会員登録を済ませていることが要件となります。

上級監査人になるためには、下記の研修を修了する必要があります。

    *浜松会場で実施する第1回のカリキュラムです。

上級監査人集合研修の実施計画

4.認定までのスケジュール

初級監査人研修プログラムと認定制度は、2020年12月より受講可能です。

事業所登録とセルフチェックシートは、2020年12月より申請・提出を受け付けています。

上級監査人研修プログラムのうち、動画視聴と理解度テストは2021年5月より受講可能です。上級監査人の認定に必要となる集合研修は、下記のスケジュールで開催予定です。

優良企業を認定する認定委員会は下記のスケジュールで開催予定です。開催の1週間前までに監査レポートが提出された企業を対象に審査を行います。認定を受けた事業遺書に認定証を交付するとともに、ウエブサイトで事業所名を公開します。

   <優良企業認定委員会 2021年度開催スケジュール(予定)>

       第1回  2021年10月      第2回 2021年12月      第3回  2022年3月